不動産物件での地方のアパートなどの投資

不動産

不動産物件での地方のアパートなどの投資

不動産投資では、以前地方のアパート経営が人気になり、盛んに立てられたり、購入されたりしました。
しかし、結局はブームも去ったということで今に至ります。
税金対策や利回りの高さなどの魅力が強調されましたが、多くの土地にアパートばかりが建ち、乱立気味になったという結果でした。
需要を無視した供給は損失が大きくなるという結果を繰り返したということになります。
マンションよりは安く建てられますし、中古も安くなりますが、入居者が確保できなければ、収益をあげることは難しくなります。
アパートを建てれば、そこに入居者が吸い寄せられて、自然に満室になれば良いのですが、そうではないということも不動産投資の難しいところです。
例えばアパートの一室に住んで、他の部屋を貸すという状況が一番儲かります。
自分の家賃分が浮きますし、管理もしやすくなるからです。
しかし、住んでいるところが離れすぎていると、管理が難しくなりますので、その点もデメリットになります。

TVCMにも出演 キッズモデル事務所のクレヨン

必要な作業をセットで提供 DM発送のジブリック大阪

最新記事